ブログ内を検索
SELECTED ENTRIES
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
古本市場
twitter
 iTunes Store(Japan) マウスコンピューター/G-Tune アフィリエイトならリンクシェア
CATEGORIES
ClustrMap
なかのひと
NinjaTools
Read this BLOG in English (by Goolgle)
<< オオアカゲラ | main | スプリングコンサート(24日) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
富良野岳
Carpe diem!さんにつれてってもらって富良野岳。
ビデオまでとってもらい...



今年最後のパウダーです、かね?
中川も最近(3/30)は、路肩に土もでてきました。
モダンなスキーは山でもゲレンデでも共通で、
上半身は滑る方向を向いたまま、
下半身でゆっくり右踏ん張りと左踏ん張り...
とするそうです。
うまい人をみてると、こう、斜面に吸い付くようにみえます。

僕のは、僕が見たうまい人のがこうだったのを、こうかな?
といろいろやってみた結果で、
ターンのときバフッと加重、その反動で飛んで、次のターン、
てなってる、ような気がします。
いや、これ、楽しいですよ。加重で雪を踏み込む感触と、反動で浮く感じが...
あと、ぜんぜん疲れません。全く踏ん張ってないので。
たまにゲレンデとかですべると、ヒザの裏がひどく疲れます。

でも新雪の深雪でしかぼくはできません。
これからはザラメ。
モダンな滑りを意識してみよう...

上富良野地区には三段山クラブという有名なテレマーカーのクラブがあり、
サイトも充実しています。
雪崩に対する注意もよびかけられています(上記サイトの「十勝山系雪崩マップ」を参照)。
山スキーを楽しまれる方(スノーモビルの方も!)くれぐれも無理ない行動を。



つらいことがあったとき、あんときゃたのしかったなー、
と自分で思うためにのっけてみました。
| 山スキーログ | 12:00 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | pookmark |
コメント
いやー、撮影&ご案内ありがとうございました。 アレって? -----
| 原 拓史 | 2007/04/01 9:07 AM |
こんばんは〜。うまく撮影できませんでしたが 気に入っていただけたようで何よりです。 こちらは道北より雪が少ないので、 もう春ですね〜。 あとはザラメになるのを待つばかり。 おっと、アレも見に行かないと!!
| kenshiro | 2007/03/31 11:41 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://haltaq.jugem.jp/trackback/88
トラックバック