ブログ内を検索
SELECTED ENTRIES
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
古本市場
twitter
 iTunes Store(Japan) マウスコンピューター/G-Tune アフィリエイトならリンクシェア
CATEGORIES
ClustrMap
なかのひと
NinjaTools
Read this BLOG in English (by Goolgle)
<< フユシャク類の"大発生" | main | ハンノキハムシ大発生中。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
タマヌキトガリバ幼虫、またはTG-3デモ。
タマヌキトガリバNeodaruma tamanukii Matsumura, 1933の幼虫、カギバガ科(Drepanidae) トガリバガ亜科(Thyatirinae)

Olympus TG-3、LEDライトガイドLG-1使用、被写界深度合成(自動)
被写界深度合成なし


これは使える。
財務大臣の反対を押し切って買ったかいがあった。

おしむらくは入手がフユシャク類がだいたいおりたあとだったこと。
なんでそうなったかというと、その前に買ったリコー WG-4(もうペンタックスじゃないのね)が、
初期不良でご入院でまったく使えなかった(まだ帰ってきてない)からなんです。
悲惨。半値以下に釣られるんじゃなかった...

20140617撮影。
撮影後お持ち帰り、数日してまゆを作り前蛹になった。
成虫は早春の蛾、ってことは蛹越冬なんだよな...餌食わないとはいえ蛹越冬ものはムツカシイ。
| - | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:02 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://haltaq.jugem.jp/trackback/515
トラックバック