ブログ内を検索
SELECTED ENTRIES
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
古本市場
twitter
 iTunes Store(Japan) マウスコンピューター/G-Tune アフィリエイトならリンクシェア
CATEGORIES
ClustrMap
なかのひと
NinjaTools
Read this BLOG in English (by Goolgle)
<< 鯉のぼり+1 | main | アカスジカメムシ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
Dropboxで共有フォルダを作る
 Dropboxを使って、複数人で共有フォルダを作り、共有すれば、写真や動画が文書の共有がらくちんになります。
Dropboxに関しては、本家の紹介ビデオがこちらに。


郵送?電子メールに添付(数MBまで)?宅ファイル便(500MBだったっけ?)?
少なくとも、特定少数の人と共同作業するならば、全部Dropboxの共有フォルダの方が便利。
特に、繰り返しファイルを共有するほど有利。


すっかりこの機能を使っていて、複数回説明するのが面倒になったので、
説明をブログにかいてみました。

流れとしては、
まずDropboxのアカウントがない場合は、アカウントを作る。
(メールアドレスが必要)

アカウントを持ってる/今つくったら、
共有フォルダを作った人が、共有したい人へ共有フォルダへの招待状を出す。
招待状もらった人が承認する。

以上の処理の後は、
できた共有フォルダ(クラウド上にある)に、共有している各人がファイルを加えたり、削除したりできます。
アカウント作成。
グループで最初の一人は自分でアカウント作るしかありませんが、
本家のアカウント作成へ。姓、名、メールアドレスを入力し、パスワードを設定します)

二人目からは誰かに紹介してもらった方が、紹介した側、される側ともにボーナス容量がついてお得です。
僕からの招待でもよければ、このリンクから登録していただくか、
電子メールで招待状を送りますので、そのリンクをたどってもらえばできます。

Dropboxへの招待状を送る。
Dropbox web サイトから
(Dropboxのソフトから開くか、ブラウザでDropboxを開いて、ログインして)
画面右上の、「無料の記憶領域を入手!」リンクを辿ると、
メールで招待、またはFacebookやtwitterからお友達を招待、を選べます。
そこからメールを送れば、招待状が送られるはず、です。

2012年5月8日現在、日本語使っているアカウントからメールで紹介状を送ると、以下のような文面でした。

*********
だれだれ様が Dropbox をおすすめしています!Dropbox は写真、ドキュメント、ビデオなどにどこからでもアクセスでき、手軽に他の人々と共有できるツールです。

こちらから利用を開始できます。

- Dropbox スタッフ一同
*********

だれだれ、のところには送信者の名前が入ります。
送られた人が、身におぼえのあるときは「こちらから利用を開始」のリンクをたどり、
利用開始してください。
(送る人は、まあアタリマエですが、事前に連絡しておいたほうがいいと思いますよ)
あとは、姓、名、メールアドレスを入力し、パスワードを設定するのは一人で新規アカウント作るときと同じですが、メールアドレスは紹介されたアドレスが規定値になっているハズなので、すでに入力されている、でしょう?


共有フォルダへの招待
Dropbox webサイトの左、「共有」リンクをクリック。
新規の場合は、右上の「新規共有フォルダ」をクリック。
 新規フォルダを作成し共有する
または、既存のフォルダを共有する、をえらべます。

その後、「このフォルダにコラボレーターを招待」
の下に、名前またはメールアドレスを入力する、と書かれた欄があるので、
ここにそれらを入力して、招待状をおくります(「フォルダの共有」ボタンを押す)。
オプションで、招待メールにメッセージを添えて送ることもできます。

2012年5月8日現在、日本語使っているアカウントからメールで紹介状を送ると、以下のような文面でした。
残念、英文です。フォルダ名の日本語は通ってるんだけどな。
(英語話者と共有する人は、フォルダ名はローマ字の方が無難ですね)

*********
DareDare (DareDare@mailaddress) wants to share some files with you using Dropbox. 

View the "練習" folder here.

Enjoy!
- The Dropbox Team
*********
「練習」と名付けた共有フォルダへの招待文面です。
gmailなら翻訳させてみることもできます。変だからおすすめしませんが。

だいたい、
*********
だれだれ(だれだれのメールアドレス)が、Dropboxをつかってファイルを共有したがってます。
「練習」フォルダがここにあるので見てみて。

楽しんでね!Dropboxチームより
*********
くらいの意味でしょう。

(Dropboxさん、英語話者に日本語送ったり、日本語話者に英語送ったりしておそろしいので、ぜひ招待状に言語の設定つけてほしいんだけど...)

これも、事前に連絡したユーザから連絡した通りに招待がきたのならば、まあ承認してあげてもよいのではないでしょうか?
「here」のリンクをたどれば、承認完了。
そこにあるファイルが見え、そこにファイルを投入したり、そこのファイルを削除したりできるハズです。

一応、共有がおわったら皆で承認の後ファイルを削除、
空の共有フォルダだけ残しておくのが、次回からの共有に便利だし、容量制限にもかからなくてよい、と思います。
削除前に、自分のローカルなパソコンのドライブにコピーしておくことをお忘れなく。

僕と共有フォルダを作る人で、
説明がわかりにくい点、説明と違ってわからない点があったら、ばしばしコメントで質問してください。
僕と共有するんでないひとは、検索すればもっとましな解説がありますので、そちらをどうぞ。御免。


 
| 良いフリーソフト | 20:45 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 20:45 | - | - | pookmark |
コメント
うん、プロ的にはそうなんでしょうねえ。
自宅サーバいいなあ。

うちは常時節電モード(ネットも使わないとき切ってる)だしなあ。
当面電気代はDropboxのデータセンターに払ってもらうことに。
Googleさんは堅実に邪悪化への道を辿っておられるようですね、残念ながら。
| 原 拓史 | 2012/05/15 5:30 PM |
オイラは自宅に簡易サーバPogoplugを導入したので、
Dropは使わないんだな。
顧客とのファイルのやり取りは、手元で管理できる
専用サーバにアクセスしてもらう形で、主導権を
自分側に残すってのが重要だと思うんだ。
画像(売り物)やGIS等の巨大ファイルの共有なら
無料サイトは怖くてツカエネエ。
と、邪悪化するGoogleを見るにつけ感じる。
現在、
Pogoplug:20GB・・・自宅運用
Google:20GB・・・有料会員-年5ドル
Pogoは近々80GBぐらいに追加増設の予定。
| くまを | 2012/05/10 9:10 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://haltaq.jugem.jp/trackback/491
トラックバック