ブログ内を検索
SELECTED ENTRIES
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
古本市場
twitter
 iTunes Store(Japan) マウスコンピューター/G-Tune アフィリエイトならリンクシェア
CATEGORIES
ClustrMap
なかのひと
NinjaTools
Read this BLOG in English (by Goolgle)
<< 4人家族になりました。 | main | 鯉のぼり+1 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
貧者のビデスコ/デジスコ
コーワのプロミナとビデスコシステムとかがあれば、つまりお金があればビデスコは確実にできるのですが、

ないので手持ちでつくってみました。
P8027660.jpg

作ったのはPentaxのOptioWG−1でLeicaのプロミナを除けるようにしたアダプタ。

塩ビ管です。直管+異型接合管をつないで、カメラのっける部分なんかを削った。
アイピースにすこしだけベルクロ(マジッックテープ)を巻き付けて太くして、摩擦でとまってます。
制作費1000円以下、制作時間3時間。
べつにNikonでもコーワでも、接眼レンズ口径にあった塩ビ管を買ってくれば、できる、と思う。

とまってる鳥を動画にとる、写真をとるくらいにはまあまあ使えます。
肉眼で見るとき、つかってないときはこうやってぶら下げておく。脱着はワンタッチ。
P8027657.jpg

プロミナがカメラのちいちゃいネジでとまっている、というのはどうにも不安定で、
(だれがあんなのおもいついたんだろ/なんでいままで誰も疑問におもわなかったんだろ?)
そこが揺れの元になっている。
クイックシューとかを改造してもっと頑丈に固着させれば(クイックシューとプロミナは三点以上ビスどめ?)、
だいぶましになりそう。

ごまかし的には撮影時三脚にさわらなければ、ダイブまし。
写真はWG-1に標準装備されてるタイムラプスでプログラムして10枚くらい連射すればよい。
(電池が切れたら電池交換できない仕様のリモコンを使えばいいのかもしれないけどヤダ)
どうせ、シャッター押した瞬間に絵がとれる機敏なシステムではないのだから。

それ以上は雲台と三脚の性能をあげるしかなくなって...
当分無理っぽい。

意外と不便だったのは、WG-1が動画撮影中のズームはすべてデジタルズームになっちゃうこと。
少なくともデフォルトでは。
これはどーにもなりません。

去年の8月くらいからバイト業務等に投入中。
それまで手でもって接眼レンズをのぞいてた...のに比べればだいぶましな絵がとれます。
| 近況 | 15:08 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 15:08 | - | - | pookmark |
コメント
お久しぶりですー。ありがとうございます。
まだまだ雪がありますよー。
| 原 拓史 | 2012/04/21 6:28 AM |
お久しぶりでーす!
そしてお嬢さんのお誕生おめでとうごさいます〜!!
一男一女、いいですねぇ。
うちは続かなかったので羨ましい限りデス..

大自然の中でお二人が健やかに、のびのびと成長されることを願ってやみません。
(願うまでもなくそうなるに違いありませんが^^)

そちらは雪はとけましたか?
今年は冬がことのほか長かったようですけれど・・
また道北の素晴らしい春のレポートを楽しみにしています!


| lykke | 2012/04/18 11:16 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://haltaq.jugem.jp/trackback/488
トラックバック