ブログ内を検索
SELECTED ENTRIES
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
古本市場
twitter
 iTunes Store(Japan) マウスコンピューター/G-Tune アフィリエイトならリンクシェア
CATEGORIES
ClustrMap
なかのひと
NinjaTools
Read this BLOG in English (by Goolgle)
<< ノハナショウブ@オホーツク海側 | main | ナミスジフユナミシャクの交尾 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
きのこ天国
北海道北部オホーツク海側のとあるトドマツ若齢造林地。
今年はキノコ天国になっていた。こんなにいっぱいあるのは初めて。
アレ(後述)がでたのもはじめて。

色白なベニテングタケの集団
P9218463.jpg
よく見ると...
直径3mくらいの菌輪だった。(みえる?見えないのはカメラマンの腕のせいです。HDRすりゃよかった?)
P9218462.jpg

よりあかいベニテングタケの、小さいが派手な菌輪。
P9218484.jpg
こうやってみるとベニテングタケの赤色って光環境の関数って気がするな...

テングタケ開く前。
P9218481.jpg
そしてこれも菌輪。半円だけど。
P9218480.jpg

そして上記のような食えない連中とちがって、食える!うまい!同属のタマゴタケ。
P9218466.jpg
P9218468.jpg
P9218459.jpg
だんだんちいさくして、最後はわれかけ卵。
P9218465.jpg
あー、涎出る。
卵の菌輪のでかいのもできてましたが、カメラマンの腕律速でとれません。

そして、あの!(一人でもりあがる)ヤマドリタケ!
P9218457.jpg
P9218458.jpg
ヤマドリタケ三兄弟
P9218477.jpg
ヤマドリタケ菌輪。
P9218464.jpg
そして、ちょっと21st century schizoid man (King crimzon)を聞きすぎたアンパンマン。
P9218478.jpg

という記事を22日にかきかけて、結局そのまま27日にup。
自分でもノハナショウブの次がヤマドリタケなのはかなり違和感が...
| 真菌(きのこ) | 12:20 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 12:20 | - | - | pookmark |
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2011/10/29 12:53 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://haltaq.jugem.jp/trackback/481
トラックバック