ブログ内を検索
SELECTED ENTRIES
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
古本市場
twitter
 iTunes Store(Japan) マウスコンピューター/G-Tune アフィリエイトならリンクシェア
CATEGORIES
ClustrMap
なかのひと
NinjaTools
Read this BLOG in English (by Goolgle)
<< 鯉のぼり3rd. | main | Roll >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
復活アズマイチゲ
一昨年くらいに無闇にでかくきれいに改装された町道。
そのおかげで毎年春に咲くアズマイチゲ(キンポウゲ科、キンポウゲ目)の道ばたの群落が消滅して残念におもっていた。
が、今年一部復活してきていた。まだしょぼいけど、滅んでなくてよかった。
P4154885.jpg
群落の図、今年。道は立派で群落はしょぼい。
P4154881.jpg

群落の図、2007年4/17日。
IMG_8002.jpg
え、あんまり変わらない?いや結構本物はちがうんだけどなー。
道も...いや、これは大人になってコメントはやめておこう。

ちょっとクローズアップ。
IMG_8007.jpg

どうやって復活したのだろう?
法面にすりつけられた土砂にもとの土が入っていて、そこに地下茎や種がいた?
すりつけられた土砂の下にもとの土があって、地下茎はそこにいた?
周囲に低密度ながらいたやつから種子が運ばれた?

種子から最短何年で花咲くのか、とかの実験がいるなあ。

日本の残っている素敵な者は、だいたいこのように偶然の結果である。
残すための方法があったところで、結局町道のような小規模工事にはアセスもなければ保存、回復の義務もない。
だいたい小規模の積み重ねで合法的に全部消せる。
もしかしたら消したいのかもしれないと思うこともなきにしもあらず。

別の町道の拡張があって、今度はオオバナノエンレイソウの群落が消えそうだ。
掘って逃がしておくか考え中。
ああ、オオバキスミレの北限かもしんない群落でもなんか測量してたよ...
| 植物 | 15:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 15:52 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://haltaq.jugem.jp/trackback/475
トラックバック