ブログ内を検索
SELECTED ENTRIES
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
古本市場
twitter
 iTunes Store(Japan) マウスコンピューター/G-Tune アフィリエイトならリンクシェア
CATEGORIES
ClustrMap
なかのひと
NinjaTools
Read this BLOG in English (by Goolgle)
<< 植物分類表 | main | ツメナガセキレイ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
オナガミズアオ
暑いですね。目に涼しく(?)オナガミズアオ Actias gnoma Butler 1838、雌。上音威子府2010、6月23日
P6239355.jpg
近縁なオオミズアオ A. alienaとは、この写真にはうつってない(けど後で確認しました)
後翅の眼状紋の形が、
「オオでは縦長の楕円、オナガはやや大きくて円に近い。」(jpmothのオナガミズアオ本州九州亜種の頁より)
他にも上記にいろいろ書いてありますが...僕はこれ以外の識別点はよくわかりません。
オオミズアオは多食性でいろいろな広葉樹(けどミズナラでよく見るといういつものパタン)を食べ、
オナガミズアオはハンノキ属、実質ここいらではケヤマハンノキ食(他に崖にヒメヤシャブシ、湿原にハンノキがいるが、まだ幼虫みたことない)。
幼虫もそっくりだけど頭部をみると、オナガは頭が小さい。

yyzz2さんのところのオナガミズアオの記事のリンクからButler師匠の記載論文が見れますが...
短いね。わかんないね。

ところで、Mutannen et. al 2010によってついに鱗翅目の系統も分子系統で解き明かされる最初の
(厳密には2番目だけど、一番目よりずっと説得力がある)一歩が記されました。
Fig.1 がかっこよすぎる。どっかのA0くらいのプリンタでプリントして天井に張りたい。
(もちろん僕は本文を紙にプリントしたりしません。pdfも悪くないけどテキストはもっといい)
これによると、(ヤママユガ科、スズメガ科)はいいけど、
ヤガ上科まわりは近日中にさらなる解析が必要ですなあ。
((((((シジミチョウ、Riodinidae)タテハチョウ)シロチョウ)(セセリチョウ、シャクガモドキガHedylidae)アゲハチョウ)イカリモンガ)マドガ)(赤字がガ、黒字は蝶。)、隣がメイガ。
蝶はシャクガに近縁仮説とともに、マクロレピドプテラ(大蛾類:含む蝶)という概念に引導が渡された。

| | 09:58 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 09:58 | - | - | pookmark |
コメント
ところが結構飛ぶの下手で、
よく街灯の下なんかで羽だけ落ちてるのは、
タヌキやアライグマその他動物に捕まって食べられたあとです...
| 原 拓史 | 2010/06/27 11:51 AM |
これは美しいですね〜
光速で飛びそうです。
| マガン | 2010/06/26 8:38 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://haltaq.jugem.jp/trackback/436
トラックバック