ブログ内を検索
SELECTED ENTRIES
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
古本市場
twitter
 iTunes Store(Japan) マウスコンピューター/G-Tune アフィリエイトならリンクシェア
CATEGORIES
ClustrMap
なかのひと
NinjaTools
Read this BLOG in English (by Goolgle)
<< ヤギ姉、体調不良。 | main | 子ギツネ留守番 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
アカイタヤ開花中
エゾヤマザクラに続いてアカイタヤ開花中。
P5308059.jpg
ムクロジ目Sapindalesムクロジ科Sapindaceaeトチノキ亜科Hippocastanoideae
Acer pictumThunb. ex Murray subsp. mayrii (Schwerin) Ohashi (syn. A. mono var. mayrii)
APG II からこっち、カエデ科はムクロジ科に統合され、APGIII 2009に付随する論文ではトチノキ科とともに
ムクロジ科のトチノキ亜科にまとめられました。
これはカエデ科、トチノキ科を除くとムクロジ科が側系統になるためで...
進化分類学者的には3つの科を認めることが不可能ではないわけですが...
それはさておき、

最近公式な学名Acer pictum subsp. mayrii (Schwerin) Ohashi
は、エゾイタヤAcer pictum subsp. mono (Maxim) Ohashi
と亜種関係、という仮説に基づくわけだけど、納得いかね。

亜種の定義は、「種の内部で異なる形態的特徴を持つ地域集団」である。
確かにアカイタヤは日本海側のみに分布するが、実際中川や他の日本海側でもエゾイタヤも存在している。
(地域的にわかれて存在してない)
雑種らしきものもできるが稀。雑種ができたら亜種等種以下のランクならば、
ケヤマハンノキとハンノキ、コナラ属の全部、ヤナギ属の過半は同種である。
ので、私的にはアカイタヤ、エゾイタヤの学名は、この2タクソンは別種として、原記載の、
アカイタヤA. mayrii Schwerin
エゾイタヤA. mono Maxim.
を支持しておく。他の「イタヤカエデ類」はここいらにいないと思われるので知らない。
(識別はここ等)

中川ー音威子府では、
エゾイタヤは急斜面や川沿いに分布している。アカイタヤは林があれば広く分布。
どーやら更新特性が違うらしい。
アカイタヤの芽吹きは赤いことが多い。エゾイタヤは緑。
アカイタヤの葉はほとんど5裂片、濃い緑になり長い葉柄をもち、風でひらひら揺れる。
(日本の「イタヤカエデ類」で5裂片しかないのはアカイタヤだけ)
エゾイタヤの葉は7裂片、薄い緑で短い葉柄。
(他の日本の「イタヤカエデ類」も7裂片が主)
樹皮、とくに30cmくらいのときはアカイタヤは紫がかった縦のこぶ状、
エゾイタヤは普通に茶色くて薄くはげる樹皮。

今周期的に大発生するイタヤハムシが増えてる。特に低地はそのせいか今年は花が少ない。

| 植物 | 21:56 | comments(10) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 21:56 | - | - | pookmark |
コメント
いらっしゃ〜い。
DM送っておきました。
本当に一泊で帰っちゃうんですか?
| 原 拓史 | 2010/06/19 9:06 PM |
7月13日に中川研究林で1泊することになったけど、どこかよいところはありますか?
もちろん飲み食いの方で。
ご都合がつくようでしたら、ぜひご一緒にいかがですか?
| マメゾウムシ | 2010/06/18 12:50 PM |
リンクしてくださったブログみましたー。いきまくりですね!
北海道の山、いきませう!
最近ぼくもテレマーカーな人びとのなかで一人山スキーですべってます!
| 原 拓史 | 2010/06/15 8:42 PM |
山スキー行っているぞー。
4年前からテレマーカーに転進しています。
一時期は毎週のように滑りに行っていました。
でも大阪から雪のあるところは遠い。
滑った後の長距離ドライブはつらい。
北海道がうらやましいです。
久しぶりに北海道のパウダーも滑りたいです。
| マメゾウムシ | 2010/06/14 11:44 AM |
おお、Iさんご無沙汰しております。
山スキーいってますか?
今度冬でも夏でも、ぜひ道北においでくださいまし。
| 原 拓史 | 2010/06/11 10:46 PM |
北大低温研で一緒だった原君だね。
どうもご無沙汰です。
大阪府大のIです。
偶然、このブログに辿り着きました。
知らないうちに家族ももって、北海道の大自然の中でたくましく生きているようですね。
今後のご活躍を期待しております。
| マメゾウムシ | 2010/06/11 3:00 PM |
そうですね。
エゾユズリハも内陸ならみかけますが、あとは無いですね。

>減ってるような...
そうか。。あまりよく見てなかったなぁ〜
因みに
アカイタヤの樹液は爽やかな甘味で美味しいです。
| えださち | 2010/06/08 10:13 AM |
>えださちさん
オホーツク海が忘れられてるんじゃなくて、
日本海側が雪が多いせいでいろいろ変なのです。
たぶんエゾユズリハ、タニウツギ、サワフタギ、オオバキスミレetcは
日本海側にしかいないような...
アカイタヤもオホーツク側では減ってるような...
道内太平洋側、たとえば苫小牧とかだと殆どいません。


>くまを様、
その後すっかり季節が進んで、背景の山のダケカンバももうめぶいてますよー。
| 原 拓史 | 2010/06/08 7:01 AM |
>地域的にわかれて存在してない
む〜
こちらもそんな感じですが・・・
オホーツク海は忘れられているのか眼中に無いのかな?

未だしっかり見ておりませんのですが。。

分類というのはよく分からないデス
| えださち | 2010/06/07 1:43 PM |
植物ネタでは反応できぬオイラがいる。
背景の山は丸坊主だねエー。
| くまを | 2010/06/06 10:17 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://haltaq.jugem.jp/trackback/429
トラックバック