ブログ内を検索
SELECTED ENTRIES
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
古本市場
twitter
 iTunes Store(Japan) マウスコンピューター/G-Tune アフィリエイトならリンクシェア
CATEGORIES
ClustrMap
なかのひと
NinjaTools
Read this BLOG in English (by Goolgle)
<< 携帯Eメールアドレス変更 | main | 自家用とさつ届出 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ヤギ屠殺へむけて
今年は少雪で推移してる北海道、中川は特に、なんですが、
今日は雪(ああ、せっかくのPerigee:月が一年で一番地球に近い日なのに)。
こないだまでたまにとけてたのが異常なんだけど、
さすがに雪がついてきて、うちのヤギたちも外の食べ物がなくなって、
そろそろ僕らの食べ物になっていただく必要が。

なるべく合法な、と場外=自家屠殺を遂行したい所存であります。
(お金ないからね。と場遠いしね。)
と場法(屠畜のとがなぜか常用漢字じゃない。屠場のことです。)により、
獣畜とは牛、馬、豚、めん羊及び山羊(第三条)ときっちりヤギも定義されており、
(逆にニワトリやウサギはもちろん、シカやトナカイもそうじゃないのね)
一般に、獣畜はと場で処理しないと食肉として利用することはできません。

しかし、「獣畜のとさつ又は解体」(あー、殺は常用漢字ですが、なぜか「とさつ」と原文で表記。屠殺のことでせう)を定めた第13条で、

第13条 何人も、と畜場以外の場所において、食用に供する目的で獣畜をとさつしてはならない。ただし、次に掲げる場合は、この限りでない。
1.食肉販売業その他食肉を取り扱う営業で厚生労働省令で定めるものを営む者以外の者が、あらかじめ、厚生労働省令で定めるところにより、都道府県知事に届け出て、主として自己及びその同居者の食用に供する目的で、獣畜(生後1年以上の牛及び馬を除く。)をとさつする場合


と定められており、どーにかしてはるみちゃん(当該都道府県知事に読み替えてね)の許可を得れば、合法的に自宅で屠殺&自家消費が可能なわけです。

しかし、この例外条項はタイヘンくせもので、
かのヤギ食文化地域である沖縄ですら、
「この10年申請がほとんどなかった」らしい!
2006年の「沖縄タイムス」の記事が「人間と動物に関する雑記帳」さんのとこにあったのを見つけたのですが、そこには
「少なくとも過去十年間、届け出は一件もなく、統計上は県内では家庭での屠殺は存在しないことになっている。」とあります。
時折「密殺」で沖縄のおじさんがつかまってる記事は見ますが、
こんなの初めて見ました。
そこで久々に(?)届けでして自家屠殺してヤギ汁をたべるおじさんの話が。
うーん、レシピがほしいな。


さて、それでも、いきなりはるみちゃんに「ヤギ自家屠殺させて」とお手紙書くのは、
お忙しいのにシツレイでしょう。

まずそれらしい、「(上川)家畜保健衛生所」に電話で問い合わせてみました。
すると、当該施設は伝染病とかの役場だった(お忙しいところゴメンナサイ)ので、
指示を受けて保健所へ。

(名寄)保健所にといあわせると、まずと畜場にといわせてほしいとのこと。
名寄のニチロ畜産を紹介してくれました。
電話帳でと場や屠場でしらべてものってません。保健所で聞いてください)

で、ニチロ畜産に問い合わせると、そこでは牛しかやってない、という事実が判明。

で、(名寄)保健所に再度問い合わせると、
ヤギは帯広でしかやってないそうです。
とても帯広までヤギつれてはいけないので、再度自分ちでやらせてください、とおねがいすると、保健所が申請の様式送ってくれることになりました。
FAXで、とのことでしたが、FAX撲滅論者のワタクシの家にはFAXなど存在しないので、
もうしわけありませんが郵送にしていただきました。
(...mailとpdf添付とかでなんとか...なりませんでした。今後に期待)
ついでにBSE危険部位などの処分法なんかの注意をうけました。

さて、ついたら記入して、許可がでたら、いよいよ...






ところで、
BSEは牛では肉骨粉試料、ついで汚染されたタンパク質サプリメントを子牛にたべさせたこと、が流行の原因と考えられ(英語版wikipediaのBSEの項)、2008年までに英国で164人、その他で40人の人が死んでる(同上)わけですが(但し米国の統計上3人は少し信用できない)、
ヤギの、人に伝染するBSE=TSEも2002年にフランスで一例知られているが、たぶんそんなに頻繁じゃないし、人に感染した例も、僕にはみつからなかった(あったら教えてください)。ネコも死んでるが、豚はどうなんだろう?人にうつるんだから豚にもうつんないのかな?肉ブタや肉ニワトリはたぶん、発病前に食べられているのだろう。
(フランスの発病ヤギは乳用だった)。

ヤギも現在、そのほとんどがと場で処理され、TSE危険部位である脳、脊髄、小腸、大腸などは焼却処分されている。たぶん焼却には膨大なコストがかかっていると想像される。

しかし、こんなちっぽけなリスクくらいしょっても構わんよ、という人はいないのかな?

もちろん、どんな小さなリスクも許せない人もいてもいい。
そういうお方は、高いコストを払ってリスクを取り除いた製品を、
 高い対価を払って消費して、国家のGDP(の水増し)に貢献する素晴しい人びとだと思う。
逆に、自己責任でそういったリスク込みの、手がかかってない方の「製品」を選択できる自由も、まっとうな市場経済には必要だとおもうんだけど...

もちろん信頼できる情報がだれにでもアクセスできることは重要だ。
信頼できる情報をランキングすると、
多数の標本のある疫学調査>実験>だれかの仮説や主義主張
だから、やっぱり規制前実験はほどほどに、
市場での広汎な疫学調査の実施&迅速な公開がよい。
(これって医薬品とかもおんなじだと思う)
まっとうな民主主義国家は、情報公開と選択の自由の確保だけをやってればいいんじゃないかとおもうのだけれど、どーも日本は逆らしい(情報の非公開と規制)。

沖縄で規制まえにヤギ小腸込みのヤギ汁食った人で、BSE発症した人がいるだろうか?
残念ながらそのような疫学調査は見当たらない。まずやってほしいんだけど。
(ついでにいえば、日本人でvCJBで亡くなった方は上記英語版wikipediaの統計では一例で、それがどんな人だったかちょっと見当たんないんだけど...ヤギ原因な確率は低そうだな)。
それ込みで、ヤギ由来BSEのリスクを再考するとですね、
ぼくはこのリスクならとるな。
(だいたい家のヤギ、草しかくってないし。)

このリスクがだめなら、
甘いものや酒をとりすぎて運動不足で糖尿病になり、それ関連で早死にしたり、
タバコ(病気の原因のうち予防できる最大の単一原因)すって肺がんや喉頭がんを発症して早死にしたりするリスクの方が遥かに大きそうだ。
Beckley Foundationによるとアルコールとタバコによる死者はイギリスだけで年15万人らしい英国人口は6027万ですが。)
政府はそうする自由は確保してくれている。タバコ税金もあげなかった。
さすが元国税局主計局長OB涌井氏があたまなJTの圧力は効きますね。
こんなOBへの利益供与は合法らしいです。間抜けですな。
(繰り返すけど、規制しろといってるわけではない。選択の自由は必要。
ただし、明白なリスクをとる人には今にも破綻しそうな保険制度で色つけたり、
受動喫煙など他人に迷惑をかける行為はなんとかしなきゃね)
やな仕事して精神を病んで自殺に至るリスクも、これよりずっと高い。

伝統的沖縄のヤギ汁では、腸は重要な具材らしい。
ヤギの腸も、くってみたいっすけど、だめっすか?
(いや、わかってます、現行法ではダメですね、改正されるまで待ちます)
| ヤギ | 17:00 | comments(4) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 17:00 | - | - | pookmark |
コメント
>ラマンチャ様
この後、無事3頭を屠殺いたしました。
んー屠殺レポート書くか...

| 原 拓史 | 2009/01/23 8:44 PM |
この後 どうなりました?
私も 自分でと殺しようと考えており、非常にこのゆくえに興味があります。

| ラマンチャ | 2009/01/23 11:35 AM |
お久しぶりです!でもぼくは時々心平さんブログみてましたよ。
音威子府今日日帰りですか。昨日から雪がすごいんで気をつけてください。

もししんどくなってお急ぎの用がなければ、あと30kmがんばってうちまで来ませんか?
今日の午後僕は中川の山村開発センターで、
子供たちとクリスマス会でチューバふいたりしてます。
今度、ヤギ鍋もご一緒にいかが?
カヌーで天塩川&ウチダザリガニ乱獲大会とかも、来年あたりどうっすか?
| 原拓史 | 2008/12/13 11:40 AM |
ごぶさたしています。
急に、明日、13日に音威子府に日帰り取材に行くことになりましたので、ふと、思い立って、ここに書き込みをしてみました。
お元気そうですね。ヤギレポート楽しみにしています。
| 林心平 | 2008/12/12 11:46 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://haltaq.jugem.jp/trackback/293
トラックバック
家庭でヤギ屠殺 実は合法/届け出制周知されず(沖縄タイムス)
愛好家「密殺助長」 県「衛生面で問題」 ヤギを家庭で屠殺するのは事前に県に届け出れば合法的にできるにもかかわらず、県が「衛生上問題がある」として長年、周知を怠ってきたことが一日までに分かった。少なくとも過去十年間、届け出は一件もなく、統計上は県内では
| 人間と動物に関する雑記帳 | 2008/12/17 9:20 AM |