ブログ内を検索
SELECTED ENTRIES
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
古本市場
twitter
 iTunes Store(Japan) マウスコンピューター/G-Tune アフィリエイトならリンクシェア
CATEGORIES
ClustrMap
なかのひと
NinjaTools
Read this BLOG in English (by Goolgle)
<< クロカワゲラ科 | main | 天塩川解氷。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
共有地の悲劇
関サバがいなくなるかも。
http://www.excite.co.jp/News/economy/20080320125302/JCast_17918.html
(それにしてもタイトルがひどい。1匹5000円じゃなくキロ5000円と本文で書いてある。
日本の大学生の文章理解力の低下が叫ばれて久しいが、マスコミの日本語力は...)
単純化すれば、巻き網で未成熟魚をとっちゃう漁師と、関サバの一本釣り猟師の折り合いがつかず、
元手の関サバは激減、というストーリー。
(それも検証されたわけでなく、他にも汚染、温暖化etcも関係しているかもしれないし、していないかもしれない)
(だいたいこういった問題は複雑すぎて、検証などをまっていたらその前に元手がパーに。cf.諫早湾干拓)
しかしこれはもっともローカルな共有地の悲劇問題で、同じ日本国内の、佐賀関近郊の漁師がカルテル/もしくはギルド(同業者の組合)
を組んで話し合って結論を出せばいいだけの話だ。未来永劫その産業を続けたければ、資源保護は不可欠である。
しかし、その産業が永続しえないとき(後継者がいないor/andおれがとんなくてもどのみち絶滅する等)、
人がやけくそに乱獲するのはカルテルじゃ防げないかもしれない。
あほの農水省はいまだに大量生産大量消費で、価格競争と量で中国や米国やオーストラリアやブラジルに勝つ気でいるが、
そんなんで勝てるわけがない。
土地代と人件費と燃料代がたかく、土地が細分されている等の理由のため一人当たりの労働生産性が低い。フランスにも勝てない。
勝てる可能性があるのは、地物、味、持続的生産などの付加価値のみ。
もっともこのまま日本の個人の可処分所得が低下していけば、そんなビジネスモデルは吹き飛ぶかもしれない。
これがマグロになるとあまりローカルじゃなくて、国際問題になる。
これがクジラになると、資源管理以外の感情論が侵入する。
もっとも科学的資源管理論を標榜する日本の水産庁の推定が、過去の乱獲の結果のような複雑な生態系の反応まで織り込んでいる保証はないけど。
(クジラはイワシをたべるから害がある、
と、油とるくらいの利用で残りはすてた欧米人の機械化した近代捕鯨により、クジラは激減。とくにでかいナガスクジラ類等も、ザトウがいなくなったあとにやられた。
クジラがいなくなると、クジラをたべていたシャチはまずオットセイを食べ,それもいなくなったのでラッコを食べた。
ラッコはウニが大好きなんだけど、ラッコが減ったのでウニが増えた。
ウニは海藻が大好きで、ウニが増えたので海藻が減った。
海藻はいろんな魚の産卵場なんだけど、海藻が減ったのでいろんな魚も減って、
イワシも:クジラをへらしたのに!減っちゃった。)
現在クジラ捕獲のモラトリアムでまずミンククジラが増えたが、
今ミンクは減りだしてザトウクジラが増えた。
ザトウはどんくさくておおきくてかつて欧米捕鯨の主力だったが、今はかわいい世界のホエールウォッチングのマスコット。
だからザトウはとるなと。
まだ世界最大のシロナガスクジラの資源量は回復している証拠がない
(だいたい、大きな生き物ほど回復には時間がかかる)し、ミンクやザトウがシロナガスと競合してるのかもしれない。
こんなとき、どうするのか?

(余談であるが、単純な生態系でも予測困難な場合がある。
毛沢東が、スズメは稲穂を食べるから害鳥である、
といってスズメを駆逐したら、スズメにたべられていた害虫が増えて不作になって飢饉がおこった。
これ、スズメが稲穂を食べるだけじゃなくて、害虫もたべていたという複数の機能をみていなかったため。
しかし、みている範囲で稲穂しかたべてなかったからといって、稲穂がないときなにを食べるか、などは、
どんなに観察しても実験するまでわからない。)

地球温暖化問題になると、さらに複雑です。
とりあえず炭酸ガス収支の複雑性は、こんなになってます。

チベット問題は、それよりは単純な問題な気がします。
すべての人に人権を。しかし、地球ではいまだそんな単純なことを実現できる国際協調体制がないのもまた事実。
すべての人に人権があって、最低限度の生活をしたときに、まだ地球が持続可能か、
もまた、別じゃないけどもっと複雑な問題。
| 環境 | 14:42 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 14:42 | - | - | pookmark |
コメント
サムドーン様、コメントありがとうございます。 インフラは必要なら強化して、不要なら削るのが普通です。 どっかの国の道路やダムは不要なのにつくってて変ですが。 同様に不要になっても一定割合のままの予算編成も。 新聞がラジオやテレビが生まれたときに広告のパイの一部を失ったように、放送を含むマスメディアがネットが生まれたときにパイの一部を失っているのです。 ゆえに、放送側を削ってネット側にまわすことを提案します。 放送は規格品大量生産大量消費中央集権国家の道具としては必要だったけど、それよりもっと面白いものを分散的に提供/享受/発信できるインフラができつつあると考えています。 古くて精査してない情報で結論づけてもうしわけありませんが、 あらたしくて精査された出典リンクも反論中に見当たらない気がしますよ。よろしければご教示ください。
| 原 拓史 | 2008/04/26 8:47 AM |
時代はもう配信ですか? 放送というモデルももう終わる? いや、ご自分の読みが外れているという事に自覚しましょう。 それも古い情報で、情報を精査もせずに結論付けてる。 ワンセグですが、同じ事を配信でやればいいと言っていますが、 限られた帯域の圧迫とかインフラ面の考察が一切合財抜けているんですよ。 -----
| サムドーン | 2008/04/25 8:54 PM |
わすれてました。 Happy春分の日。 -----
| 原 拓史 | 2008/03/20 10:20 PM |
全然きづいてませんでした。ごめんなさい。 レスありがとうございます。 ゲストさんのいうとおり、ブルーレイ陣営の勝利で終わりましたね。 これってベータがVHSに敗れたときの意趣返しのように、 映画コンテンツの囲い込み効果で勝敗が決まったように見えます。 しかし、映画を含むコンテンツはすでに配信の時代。 ITメディアによると、米音楽誌Blenderがあげた音楽業界の最大の失敗はNapsterをつぶした事:つまりCD等のメディアで販売する事業形態からネットで配信する事業形態への移行に失敗した事となっています。 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0803/13/news082.html 配信の機能が向上すれば次は動画の時代。 勝利したブルーレイ陣営+映画会社も、コンテンツを配信するビジネスモデルの捉え方をあやまれば...あるいは、誤らなくてもVHSやDVDほどの利潤はえられないんじゃないでしょうかね? 放送というモデルももうすぐ終わるでしょう。 いまさら地上波デジタル放送のために新規ハード購入する気はまったくありません。すでにテレビみてないし。 携帯に勝手についてきたワンセグチューナー重いから棄てたい。 っていうか、むしろその分通話料でとられてると思うと携帯を棄てたくなってきます。 なんでワンセグなんていうちっちゃい画像をわざわざ専用機で?放送で?あれこそ配信でしかいかしようがない規格な気がしますが。 地上派デジタルなんて、 きっと巨人大鵬卵焼き世代のテレビへの妄執が生み出した最後の徒花として語り続けられるんじゃないでしょうか? 記録媒体にかんしていえば、ブルーレイもケースなしになったし、安ければなんでもよいです。でもやっぱり僕はまだ買う気がしません。 まだ二層DVDすらやっとHDDと同程度の容量単価。ブルーレイ記録メディアはまだ自明に高価なため計算する気もおきませぬ。 オプトウェアのHVD(ホログラムバーサタイルディスク)や、AO-DVDはどーなってるんすかね?
| 原 拓史 | 2008/03/18 1:19 PM |
今更レスもないだろうが・・・ ブルーレイもケースなしになってます。 MDやMOが敗れたのもどちらかというと仕様上書き込み時にベリファイチェックをしたために書き込みが非常に遅かったことが上げられると思う。 それに、私はケースに入ったメディアの方が保管とかを考えると有効だとは思うのですが・・・ また、私はどちらかというとブルーレイの方を支持したいと思う。 現在06年9月4日時点ではブルーレイーRのドライブはPCショップに並んでいる(約10万)が、HD-DVDなんて見たこと無い・・・ このままの生産ペースだと量産しているブルーレイの方が安くなりそうな気もしますし・・・・
| ゲスト | 2006/09/04 5:47 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://haltaq.jugem.jp/trackback/27
トラックバック