ブログ内を検索
SELECTED ENTRIES
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
古本市場
twitter
 iTunes Store(Japan) マウスコンピューター/G-Tune アフィリエイトならリンクシェア
CATEGORIES
ClustrMap
なかのひと
NinjaTools
Read this BLOG in English (by Goolgle)
<< 雪 | main | School of Rock >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
アルジャーノンに花束を
アルジャーノンに花束を
アルジャーノンに花束を


ダニエル キーズ1966

アルジャーノンは脳を改造された天才白ネズミ。白痴の青年チャーリー(おそらくフェニルケトン尿症による:文中での言及から)はアルジャーノンと同じ手術を始めて受けた人。手術前から彼自らの「経過報告」によって物語は展開する。アルジャーノンに花束を、とは、チャーリーが彼より先に、彼の運命を先取りするように死んだネズミのアルジャーノンの墓に、彼がそうできなくなったあと花をたむけてくれるように願う、最後の経過報告のことばだ。

チャーリーの知性の目覚めによる興奮に、それによって過去の記憶が帯さまされてうける困惑に、性の目覚めと過去のトラウマが入り交じった混乱に、ひどく共感する。チャーリーが知性の極みで、自らを発表するための学会に、展示物としてアルジャーノンとともに陳列されるシーンが圧巻だ。学問の徒のメッキがはがれ、彼自身が身を託していた学問とそれに携わる人々がなんともたよりないことに彼は気づいてしまう。
また、これはヘルタースケルターhelterskelterでもある。元の意味のとおり、狼狽することでもあるし、岡崎京子のヘルタースケルターと同様に、人工的に作り上げられたものがこわれてゆく物語でもある。
白痴のチャーリーが天才になり、自らの運命すら暴き、また白痴にもどってゆく。その対称的配置にこめられたすべての出来事、チャーリ−の情動が味わい深い。
とにかく、読んでみろってこと。

続きを読むに、僕の主観的なあらすじを書いた。読んでない人は読まない方がよろし。
読むかまよっているときは、参考になるか?
白痴の彼は、彼が友達とおもっている仲間に馬鹿にされ、からかわれて時には置き去りにされ(彼はかなしみ、彼らはそれを笑うが、かれにはなぜかはわからない)、母は知能の進まない彼にヒステリーを起こし、父はそんな母に愛想をつかしてでてゆく。かれはただ、母の願い、皆と同じように賢く、ということを強く願う、普通の白痴の青年だった。手術はゆっくりと彼を変え、やがて彼は天才となり、いままで「チャーリー」が受けてきた仕打ちの意味も、幾多の言語も、あらゆる学問も、彼自身を扱うプロジェクトの意味も理解する。しかしそこには、白痴の彼が願ったような、賢して幸福な彼はいなかった。彼は周囲の人間が彼の変化の為に感じる恐怖と、彼自身が周囲の人間にすでに興味をいだけないこと(あまりに幼稚だから)から孤立する。彼を手術し、彼を「作った」と自称する博士の傲慢と、あまりに狭隘な学問領域に閉じこもり、自分をえらく見せるのに必死で、知の体系を見通す学者など(彼をのぞいて)一人もいないことにも気づいてしまう。
やがて破滅の予鈴が鳴り響く。彼の先輩のアルジャーノンの行動と、かれに隠されていたアルジャーノンのデータの学会発表で、彼は自らの人工的に急速に発展した知性は永続的ではなく、発達と同じように急速に退行するであろうことを自ら感づき、やがて証明する。そして、彼の意識はくらい後戻りの道をたどってゆく。
知性の目覚めのころ、白痴学級の教師だったアリスに恋をし、ひかれあってゆくが、白痴のチャーリーの意識は彼女とのmake loveにパニックを起こす。
ふいにであった、芸術家でだらしないフェイ(フェイ ウォンの名前ってこのフェイからとられているのだろうか?だったらすごい)とはすんなり愛しあえる。フェイ、いい女。
後に知性が落ち目のときアリスとやっと交われて、運命で、フェイとの関係は気楽で運命じゃない、などかってなことを抜かすが、これは知性が落ち目ゆえとの作者の読者への意地悪か?
| | 01:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 01:12 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://haltaq.jugem.jp/trackback/248
トラックバック