ブログ内を検索
SELECTED ENTRIES
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
古本市場
twitter
 iTunes Store(Japan) マウスコンピューター/G-Tune アフィリエイトならリンクシェア
CATEGORIES
ClustrMap
なかのひと
NinjaTools
Read this BLOG in English (by Goolgle)
<< 修羅場 | main | エヴァンスを聴け >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
枯葉 Autumn Leaves
B00005EVXH枯葉
ビル・エヴァンス エディ・ゴメス マーティ・モレル

曲名リスト
1. エミリー
2. ア・スリーピング・ビー
3. アルフィ
4. フー・キャ・アイ・ターン・トゥ
5. ヴェリー・アーリー
6. ラウンド・ミッドナイト
7. 枯葉
8. クワイエット・ナウ
9. 降っても晴れても
10. ナルディス

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



全部すごいが、とくにNardis。
何度も演奏されて、その度に変容していったらしいことが、
2005のkeybord magazineなどに採録された本人のインタビューにもあったが、
僕が知る限り(あんまりしらないが)このテイクがベスト。
Explorationにはいっている、Bill Evans Trioでの初演より遥かに早く、疾走する。
(そっちの、ラファロの静かなベースが歌うところも大好きなんだけど)
トリオのすべてのパートが完璧にかっこいいが、特に、
超かっこいいベースソロの後に入るビルの音列が凄まじくかっこいい。

196907、イタリアのライブ録音。
エヴァンズを聴け!でWaltz For Debby-The Complete 1969 Pescara Festival/ It Happened In Pacaraとして紹介されている二枚のLPを編集したものだと思う。
この本では音がわるいとめちゃくちゃいわれてますが。
たしかに音あんまりよくないけど。この演奏は。著者とは趣味があわないのか?

TB先、
「highlights from the turn out the stars」って聴いたことがありません。
聴いてみたい。オリジナル?のturn out the starsというアルバムは上記本にありますが、
Nardis入ってない。1980、なくなる年の録音?

まだあんまり知らないが故に、これからBill Evansをたくさん聴いていけるのがうれしひ。
| CD | 07:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:11 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://haltaq.jugem.jp/trackback/238
トラックバック