ブログ内を検索
SELECTED ENTRIES
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
古本市場
twitter
 iTunes Store(Japan) マウスコンピューター/G-Tune アフィリエイトならリンクシェア
CATEGORIES
ClustrMap
なかのひと
NinjaTools
Read this BLOG in English (by Goolgle)
<< 最初の花 | main | ヒバリが帰ってきた。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
イサザ大量死:温暖化と貧酸素
琵琶湖でイサザが大量死。
毎日新聞3/26滋賀版読売新聞3/29

水系で、
夏は表層があたためられ、深層との温度差が大きく、暖かい水が表層にたまってしまい、深層で貧酸素状態が発生しやすくなります。しかし、冬はさまされた表層水が深層までしずみこむため、貧酸素が改善される...はずでした。しかし、近年の琵琶湖では冬でも表層水温がたかく、深層までしずみこみがおきなくなり、貧酸素状態が改善できなくなってます。
温暖化のもう一つの脅威。
琵琶湖はきれいだが深いので貧酸素になりますが、浅くて富栄養な湖、汽水や海(この順で波浪や潮汐の効果があるから、比較的にはおきにくい)でも温暖化とともに貧酸素状態がおきやすくなると考えられます。
そして、だいたいそんなところがおいしい魚介の生息地。

4月から暫定税率引き下げで一瞬ガソリンが値下げになりますが、
やっぱり二酸化炭素排出削減の努力は必要ですよね。
かといって原子力にたよるのもね。要は、省エネですね。
余談
これから立法するすべての法律を時限立法にするというのはどうでしょう?
少なくとも一回、時限がきたときに考えるチャンスが。
なにもかんがえてなくても一度廃止になる。これは便利。
なんだか敗戦前からかわってないような無意味/有害な規制は自動的に消える筈。

個人的には、
ガソリン税を道路財源にするのには反対ですが、
ガソリン自体の値上がり傾向にたいして25円なんてたいしたことないし...
(今150円として、99年の90円から+60円、年あたり平均7円)
時計の針をせいぜい3年もどすのみ。
いっそ25円/年づつ税率をあげてガソリン価格上昇を加速、
省エネルギー/循環エネルギーへの技術革新を加速するってのもありかとおもってます。
(省エネルギー対策にコストがかかっても、価格上昇分よりコストが小さくなれば、市場に参入できる)
特定財源ってのは何につかうにせよ原則的にやめといたほうがいいとおもいます。
環境税とかにしてもいまの政府の使いっぷりをみるとドブにすてる以下の投資しそうだし、
やっぱり税金は一元管理か。
しかし、その税収を一般財源化するまえには、とりあえず財政を政治用語じゃない普通の意味で抜本的に改革していただきたい。
歳入=歳出(借金の利子分を含む)にして、
優先順位をつけ、不要な投資、省庁(当然リストラを含むでしょうね)、国会関連歳出を引き算。
ちなみに幕末の鍋島藩(佐賀)では、鍋島直正は父の斉直のムダづかいでかたむいた藩政を立て直すために、役人を5分の1にへらしてかつ産業を振興してます。
予算、人員ともに1/5とか1/10とか1/100でも、それでできる大事なことからやっていけば、
今よりだいぶましな気がするのは僕だけでしょうか?

なんてことは自民党は絶対支持しないだろうが、民主党もしないだろうな。
どっちも保守と「革新」(昔の確信とは共産主義革命をさしていましたが、僕はそのような意味でつかってません。むしろ自由主義、小さな政府、反官僚啓蒙主義)が混じってる。
まずまともな政党政治のために、現在の党を解体して、
こてこて保守政治党と、借金返すぜマイクロミニ政府党とかにわけて、国民投票...
にもなりそうにないなあ。
| 環境 | 17:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 17:32 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://haltaq.jugem.jp/trackback/21
トラックバック