ブログ内を検索
SELECTED ENTRIES
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
古本市場
twitter
 iTunes Store(Japan) マウスコンピューター/G-Tune アフィリエイトならリンクシェア
CATEGORIES
ClustrMap
なかのひと
NinjaTools
Read this BLOG in English (by Goolgle)
<< 日本産幼虫図鑑 | main | 大人 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
その2役場に市町村民税非課税の確認、その1
特許取得にあたって、市町村民税非課税者などは費用の減免があることは前回でわかった。
やっと中川にかえってきた私は、早速中川町役場へ。
いったいどんな条件のとき、市町村民税非課税となるのか、
おれは対象か、証明書とえるか聞きに行った。
役場にいって担当窓口にいくと、なんと知り合いだった。
中川吹奏楽団T.SaxのK田さん。おれは実は緊張しいである。
知らない人や役場に電話するのに何日も悩んだりする。出向くのはなおさらだ。
携帯にしらない番号からかかってくると早鐘のようになる心臓と超高速回転する脳でとるべきかとらざるべきか悩んでしまう。たいていいつも悪い知らせだからなおさらだ。
知り合いだったのでいきなり安心した。ぶっちゃけて実情をはなす。

結論からゆうと、俺のようなほぼ無職独身子どもなし(扶養家族なし:扶養家族があるともっと収入があってもよい)の場合、給与所得が46万円以下。
って安いじゃん!年46万円でどうやって暮らすんだ?とおもいきや、
所得と収入はちがうらしい。31才にして初めて所得と収入の違いを知る、恥ずかしい俺。
俺のような方もいるかもしれないので以下に説明。
所得とは、収入から経費をひいたもの。
なんだ、そうだったのか。では経費とは?
サラリーマンやバイトのような場合、必要経費算定は難しい。
で、給与所得控除というのがある。
給与などの収入金額が162.5万円までは、給与所得控除は65万円。
それ以上ある場合はおれには関係なさそうなので略。
ここにも解説あった。改行されてるときは一行になおしてね。
http://www.city.ginowan.okinawa.jp/home.nsf/0/2993ac68118645ce49256f0a002da761?OpenDocument

つまり、収入が162.5万円以下の場合は、46(所得)+65(給与所得控除)=111万円以下の収入のとき、市町村民税非課税になる、みたいだ。違ったらご指摘ください。
で、それが確定するのは4月。おれのように住民票を去年こっちにうつしたばっかの場合、
4月まで確定しないので中川町では非課税証明がとれない。

どうしよう?とおもったら、前住んでいた滋賀県草津市に申し込めばよいようだ。
昨年はじり貧学生だったので給与所得は111万円以上なんて、今年以上にありっこない。
よって、月曜に草津市に連絡することにする。
(今週いろいろやっていたら土曜になっちゃった。休日と自分がうらめしい)。

どうでもいいが、リーマンの必要経費が65万って安くね?
会社の場合は経費はなんか別に算定するらしい。確定申告もちょっと関係あるみたい。
私の場合、貯金がぜんぜんなく借金アリ、ってのは経費が収入を上回っていることの証左ではないかとおもうのだが、それだと浪費家には税金がかかんないのか?よくわからん。
収入でなく所得に税金をかける、というのは一見合理的のようだが、これを企業に拡張すれば、所得分をすべて投資する=経費にする企業は税金払わずにすむよになる。なんかそれも不平等な気がするな。
確定申告が2月ってのもK田さんに教えてもらった。
とりあえずやり方を国税局にいって勉強中。
ここらへんのややこしい関係が整理できればいっぱしの社会人くさいとおもふ。

余談  subject指向社会は可能か?
養老孟司が「続涼しい脳みそ」かなんかで自らの手続きアレルギーを告白し、手続きとは、「こんなに大変なことをやったんだからまあゆるしてやろう」というためのものなんぢゃないかと邪推していたが、同感だ。だからきっと誰も手続き簡略化に本気でとりくまないんだろう。
プログラムの世界はオブジェクト指向化によって混沌をやや回避しているが、手続きは目的subjectごとに、多数の機関が共同するようにすればよかないかとおもうがJapan政府はだめみたいだ。

こないだかかってきた怖い電話は、免許の住所が書き換えてない(違反したのでばれた)から書き換えろ、というものだった。住民票はうつしたんだから勝手にかわっていて欲しいが、そうはいかんらしい。もう引っ越ししたくないんだけど、引っ越しするときは、
役場で住民票、郵便局で転送、警察で免許、etcと各機関をまわらねばならないようだ。まだなにか忘れている気がする。
気球浮揚という一つの目的にも、運輸省と空港に2つ申請がいる。空港は運輸省の下部組織なのにそれだ。二つ以上の省庁に関係する申請は想像を絶するな。
猟銃免許は警察だけど、鳥獣保護(管理)は環境庁なのかな?農作物被害対策は農水省か?管理のためにシカの駆除を増加させるには高齢化で絶滅寸前のハンターを増やす必要があり、それには高額な免許取得費用を軽減して新規加入を促すのがもっとも効果的と思われるが、その意見をとおすにも想像を絶する困難がありそうだ。おれはちまちま貯金して、免許をとってたった一人だけハンターを増やすことにする。
| 特許 | 15:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 15:21 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://haltaq.jugem.jp/trackback/140
トラックバック